栗坊コロッケ

b0105926_1185775.jpg今年も栗坊(ミニサイズの栗かぼちゃ)が採れたので、コロッケを作ることにいたしました。




b0105926_122186.jpg
まず皮を剥いて切り、電子レンジにかけて潰します。




みじん切りにした玉ねぎを、塩、黒胡椒、ジンジャーパウダー、ナツメグで味付けして炒めます。
マッシュしたかぼちゃに加え、サワークリームを大さじ2~3程加えて良く混ぜます。

小判形に丸め、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけて、ベーキングパンに並べます。

b0105926_122349.jpg
スプレーオイルをかけ、180℃のオーブンで焼きます。
途中でひっくり返して、裏面にもオイルをスプレーします。
焼き色がついたら出来上がり。




b0105926_123623.jpg
ホクホクの食感と甘味が美味しい~060.gif
オーブンで焼くので、あっさりしています。

実はこれ、日本食がテーマの持ち寄りパーティーに持参する一品でした。
コロッケは和食に入るんだろうか・・・^^;



デザートはこちら・・・
[PR]

by ninuckey2 | 2012-11-23 01:27 | 料理手帖

初収穫☆大根

b0105926_2433284.jpg
やたら葉っぱが立派で、大根自体は小ぶりですが・・・012.gif



b0105926_244035.jpg
大根とお揚げさんの炊いたん



b0105926_2442112.jpg
大根葉の浅漬け



3日前に雨が降って以来、グッと冷え込んできました002.gif
まだ9月だというのに、すっかり湯たんぽと仲良しです。


[PR]

by ninuckey2 | 2012-09-27 02:46 | 料理手帖

初収穫☆春菊


b0105926_505924.jpg今年の野菜は全体的にスローな成長ぶりですが、春菊がやっと食べ頃になりました。




b0105926_513635.jpg
★春菊と白玉麩の卵とじ
独特の香りとほのかな苦みが美味しい!



b0105926_52043.jpg
★ズッキーニと茗荷のおみそ汁
新鮮な茗荷、実は日本からのお土産にいただきました。
さっぱり爽やか、いつものおみそ汁が一味違います。(あ、タ◎ヤ味噌になってしもた^^;)



b0105926_534351.jpg
★豆ご飯
エンドウ豆もそろそろ終わり・・・寂しいなぁ。


以上、畑ごはんでした043.gif


[PR]

by ninuckey2 | 2012-08-08 05:12 | レンタル菜園

ヒミツのごちそう

ワタクシの大好きなこの番組で紹介されていたネギ味噌天ぷらが、簡単でとても美味しそうなので作ってみました。

天ぷらの衣に水で溶いた味噌を加え、刻んだネギを加えて油で揚げます。
レシピはこちら


b0105926_14472053.jpg
ふわっと香る味噌の味と、ネギの甘味が美味しい!
ご飯のおかずはもちろん、ビールのおつまみにも049.gif

岐阜県は飛騨高山地方のごちそうでございました。
ちなみにかつて4年間、岐阜県民だったオットも美味しいと申しておりました。



b0105926_14512822.jpg
モルドヴァ風隠元豆とアドゥキご飯
あっ、また豆ばっかりや・・・^^;


[PR]

by ninuckey2 | 2012-05-31 14:53 | 料理手帖

お雑煮ランチ

いつも楽しいコメントをくださっているのりのりさんは、牛津から電車で二駅(約30分)の街にお住まいです。
僭越ながら白味噌のお雑煮を食べていただこうと思い、ランチにお誘いしました。


b0105926_3315375.jpg
☆白味噌のお雑煮
京都代表になった気分でドキドキ053.gif



b0105926_3324984.jpg
☆大根と豚バラ肉の炊いたん
圧力鍋だと短時間で、お肉も大根も柔らかく炊けます。生姜たっぷりで006.gif



b0105926_3332249.jpg
☆ひじきサラダ
黄色いパプリカと赤玉葱を入れて、醤油、バルサミコ酢、レモン汁、蜂蜜、塩と胡椒で味付けします。



b0105926_333529.jpg
ひよこ豆ご飯
冷凍しておいたひよこ豆で。



甘いものが苦手と仰るのりのりさんですが、少しだけ味見してくださるということで・・・・

b0105926_3343460.jpg
☆パンプキンパイ




さてのりのりさん、とても朗らかで気さくな、素敵な方です。
初対面かと思いきや、ひょんなことから去年3月末のチャリティ・イベントでお会いしていたことが判明。
ダンナさまとご一緒に、ケーキを大人買いしてくださったのでした。
離れた街から足を運んでくださって、有り難いなぁと感激したことを思い出しました。
お互いに「おぉ、アナタがあの時のっ?!005.gif」てな感じで・・・奇遇ですねぇ。
あちらこちらに話題が飛びつつもお話は弾み、とても楽しいひと時でございました。

のりのりさんのお土産
[PR]

by ninuckey2 | 2012-01-22 04:00 | お客さまの食卓

おせちランチ

横浜出身のお友達、ちーさんのお宅でおせちランチをご馳走になりました。
面子はドイツ人のサァさん、ベルギー人のルーちゃんとワタシ。
彼女達は初めて食べるおせち料理とお雑煮に興味津々で、ちーさんとワタシは質問攻めにあいました037.gif

b0105926_21584473.jpg
☆美しいお重053.gif
紅白なますも049.gif



b0105926_21495916.jpg
☆関東風お雑煮
鶏肉、海老、大根、なると、人参、絹サヤ、そして角餅。
こんなお雑煮をいただくことは滅多にないので、新鮮!あっさりしていて、とても美味しかったです010.gif
ちなみに日本人チームと外国人チームでは、お餅を食べるスピードが断然違うということに気が付いた、ちーさんとワタクシでした。



デザートは・・・
b0105926_21521355.jpg
ドイツ風クッキーとマドレーヌ(ドイツでは熊の手とも呼ぶらしい) by サァさん
手作りチョコレート by ルーちゃん(さすがベルギー人、チョコレート作りにかけては玄人はだしです)
あられとスルメ by ちーさん
ミニうなぎパイ by にぬ(静岡に帰った際に買い求めて参りました)

サァさんとルーちゃんという果敢なチャレンジャーを交えてのおせちランチ、大変楽しゅうございました。
ちーさん、ありがとう。ご馳走さまでした040.gif

ベルギーチョコ
[PR]

by ninuckey2 | 2012-01-08 22:03 | お招ばれ

松山あげとお雑煮

b0105926_19533179.jpg去年8月頃ロンドン在住のお友達めろさんのブログで拝見した松山あげ、”海外組には便利ねー”と思っていたところ、年の暮れの京都で見つけました!



b0105926_1954229.jpg
ざく切りにしたほうれん草と松山あげを酒蒸しにし、水気を切ってからヒミツの万能調味料煎酒で和えます。
お揚げさんのコクが加わって、美味しい049.gif



松山あげって、乾燥時はぱふぱふ、ふわふわで壊れやすいのですが、水気が加わるとお揚げさん特有の弾力が出ます。
賞味期限が長いのがいいですね。
なんで3袋しか買ってこなかったんだろう・・・と悔やんでも、後の祭り002.gif



白味噌と真空パックの丸餅も持って帰りました。

b0105926_19553858.jpg
具は残念ながら、里芋は省略して大根と人参だけですが、やっぱりお雑煮は白味噌ですね。
そういえば実家のお雑煮には、お豆腐が入ってたこともあったっけ。。。
鰹節を乗せていただきます043.gif
[PR]

by ninuckey2 | 2012-01-05 20:00 | 料理手帖

塩麹鯖

2ヶ月近く前にめろさんからいただいた乾燥麹、勇んで塩麹に仕込んだものの、冷蔵庫に大切にしまったままになっていました008.gif

我が家から徒歩3分のFish Marketに出かけたところ、小柄で華奢な(うぅ、羨ましい!)鯖が並んでおりました。本当はもっとぽっちゃりサンが良かったんですけどね。

魚屋のお兄さんに三枚におろしてもらい、塩麹に漬けること約5時間059.gif

b0105926_4434682.jpg
やっぱり、これだぁねぇ~049.gif


b0105926_446914.jpg
★リークの煎酒浸し
★菊芋と人参のタヒニ和え
★写真はありませんが生姜ご飯

年のせいかこういう食事が落ち着きますなぁ010.gif

本日のデザート
[PR]

by ninuckey2 | 2011-04-15 04:54 | 料理手帖

鰯の炊いたん


お友達から「オンラインで鰯を注文したら意外に沢山送ってきたので、どうぞ♪」とおすそ分けが届きました。

b0105926_1263791.jpgCornish sardinesと呼ばれる鰯、ぽっちゃりした別嬪さん揃いです053.gif



早速、梅干しと土生姜を加えて炊きました。

b0105926_1322511.jpg
ピッカピカの美味しさです049.gif



b0105926_1334115.jpg
★キュウリと青紫蘇の酢の物 トッピングはあおさ海苔

幸せな晩ごはんでした045.gif
[PR]

by ninuckey2 | 2010-09-02 01:37 | 料理手帖

初収穫☆栗かぼちゃ


b0105926_1755835.jpg待ちに待った栗かぼちゃ、10個ほど育っている内の2個を収穫しました。



本来ならキュアリング(甘みと貯蔵性を高めるために約35℃の高温で乾燥させる)という処理をするんだそうです。そんな本格的な処理は出来ないとしても、風通しの良い冷暗所で7~10日保存したほうが良いらしい。

がしかし、つい待ち切れず・・・ 試食 と称して食べることに012.gif

b0105926_1814642.jpgオットに「どう食べたい?」と訊くと

「そりゃあ、”炊いたん”でしょう!」と即答が返ってきました。
ちなみに”炊いたん”とは、だし醤油味の煮物です。

「それじゃ炊きましょう!」と勢い込んで作ってみましたが・・・



沸騰して調味料を加えたら、あっという間に 煮崩れ ました007.gif

それもそのはず・・・
南瓜は収穫したばかりの時は、収穫遅れで無い限り粉質が強く糖度が低い状態 (ほくほく感はあるけれども甘味が足りないぱふぱふ南瓜)です。 産直朝市 農産物Q&A 
だそうです。

b0105926_1834632.jpg

しかし、そんなぱふぱふ南瓜であろうとも、久しぶりに食べる”かぼちゃの炊いたん”はそれなりに美味でした043.gif



b0105926_1842761.jpg

★春菊の胡麻和え



b0105926_185485.jpg

★ひよこ豆ご飯

以上、週末の畑仕事後のランチでした。

かぼちゃはその後もう一個収穫して、現在日付札をつけた2個が待機中です060.gif
[PR]

by ninuckey2 | 2010-08-30 18:15 | 料理手帖