タグ:パイ ( 53 ) タグの人気記事

New Year's Apple Pie


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
2013年が、佳い年になりますように

b0105926_17435668.jpg



[PR]

by ninuckey2 | 2013-01-02 17:49 | パイとパイの日々

フルーツタルト

ご近所のお友達宅での忘年会にお招ばれしました。
デザートに、ショートブレッドのクラストとマスカルポーネチーズのクリームのフルーツタルトを作りました。


b0105926_19243358.jpg
空焼きしたクラストに、溶かしたチョコレートを塗ります。



b0105926_19253510.jpg
マスカルポーネチーズ、生クリーム、グラニュー糖、ブランデーをボウルに合わせ、柔らかめの角が立つまで泡立てます。
チョコレートが乾いたら、クリームを敷き詰めます。



b0105926_19261971.jpg
まずブルーベリーを乗せ・・・・



b0105926_19263713.jpg
次はラズベリー・・・・



b0105926_1926584.jpg
最後にブラックベリーを乗せて出来上がり。




b0105926_19272475.jpg
チョコレートの代わりに、アプリコットかベリーのジャムを敷いても美味しいです。


[PR]

by ninuckey2 | 2012-12-30 19:30 | パイとパイの日々

地中海風マロウの詰め物とパンプキンパイ



b0105926_2084274.jpgレンタル菜園の店子さんキースさんから、マロウ(Marrow)をいただきました。
どうやらズッキーニを放置すると、巨大なマロウに育つようです。



オットがネットで探して来たレシピMediterranean stuffed marrow(地中海風マロウの詰め物)を作ってみました。

マロウを縦半分に切り、中身をくり抜きます。
断面を下にして180℃のオーブンで10分焼き、オーブンから出したらひっくり返して軽く塩胡椒しておきます。
フライパンにオリーブ油を熱してコリアンダーとクミンを炒め、香りが立ってきたら玉ねぎと塩ひとつまみを加えて5分間ほど炒めます。
大蒜のみじん切りを加えてから火力を強め、マロウの中身と薄切りにしたマッシュルーム、塩胡椒を加えて炒めます。
火からおろしたら、ご飯、レーズン、胡桃を加えて良く混ぜます。ここで味見。
オーブンで焼いて置いたマロウの皮に具を詰めてオリーブ油を少々ふりかけ、表面がカリッとなるまでオーブンで15分ほど焼きます。

b0105926_2012080.jpg
食べるときに、グリークヨーグルトをかけます。
マロウ自体に強い味はないのですが、育ちすぎた繊維が面白い食感です。
スパイスとマッシュルーム、レーズンや胡桃の組み合わせで、風味豊かに仕上がりました。
ひき肉を使うこともあるらしいですが、このレシピはベジタリアン仕様でご飯を使っているので、あっさりしています。

めでたくメニュー入りとなりましたが、来年はどうかズッキーニ栽培に失敗しませんように。。。



b0105926_2014063.jpgさてこちらは2年目の打木赤皮栗かぼちゃ、数は多くはありませんがなかなか良いサイズに育ちました。



一緒にパイを焼いてみたいと、ぱるちゃんのリクエストでパンプキンパイを焼くことに。。。

皮を剥いて蒸したかぼちゃを、ぱるちゃんが一生懸命裏ごししてくれました。
ぱるちゃん、ありがとう。お疲れ様でした

b0105926_20152099.jpg
四分の一ずつを、レンタル菜園のグレンさんとケンさんにおすそ分けしました。



b0105926_20154982.jpg


嬉しそうにパイをほおばるオットを見て、ぱるちゃんがひと言。

「パイ吉さんって、ほんとに小躍りするんだね」だって


[PR]

by ninuckey2 | 2012-10-18 20:32 | 料理手帖

D'Arcy Spice でアップルパイ その2

レンタル菜園の店子サリーさんから、D'Arcy Spiceという品種のリンゴを初めていただいて、アップルパイを焼いてみたのが、約2年前


b0105926_22495766.jpg
一昨日、霜が降りたので採ってみたから・・・と、おすそ分けしてくださいました。
(お返しには大根三本を^^)

今年は冷夏だったので、あまりスパイシーになってないかも知れませんが、お約束のアップルパイを・・・



b0105926_22505244.jpg焼きました。



b0105926_22511678.jpg
パイ吉、喜ぶ

そのまま食べても香りが良く美味しいD'Arcy Spiceですが、甘酸っぱいお味がパイにも良く合います。


[PR]

by ninuckey2 | 2012-09-30 22:59 | パイとパイの日々

Birthday Pie 2012


我が家のパイ吉(別名:オット)は、毎年お誕生日には『好きなパイをリクエストできる』ことになっています。
今年は珍しく例年のようにややこしいリクエストではなく、イギリスの伝統的なタルト、 Bakewell tart になりました。
実はオット、3日前に一緒に食事したイギリス人の友達にこのタルトの事を聞いて、興味津々だったようです。

レシピを検索すると、微妙に違いがあるものの、基本的には似たようなレシピが沢山あります。
あれこれ迷った挙句、イギリス人シェフAndy Batesさんのレシピを参考にしました。

b0105926_1613931.jpg
まずバター、小麦粉、砂糖、卵で作ったショートクラストを底が取れるタルト型に敷き、下焼きをします。
冷めたら、ラズベリージャムを薄く塗ります。
アーモンドパウダー入りのフィリング(Frangipane)には、お約束通りバターとお砂糖がたんまり入っています。
お誕生日やからなー、しかも初挑戦やから、ここはひとつ、レシピに忠実に。。。
フィリングを入れて180℃に温めたオーブンで15分焼いてから、アーモンドスライスを散らして更に12分焼きます。



b0105926_1622112.jpg
バターとアーモンドのどっしりしたリッチなお味に、ラズベリージャムの酸味が効いています。
クラストも甘くてサクサク、ほとんどクッキーです。
さすがイギリスの伝統的なお菓子、紅茶に良く合いそうです。
底にジャムを忍ばせるところも、イギリスらしいと言えるかもしれませんね。

オットはお初のタルトに好奇心とお腹が満たされ、ワタシはレパートリーが増えて、ハッピーなお誕生日でございました。



b0105926_1635587.jpg
余った材料でチビタルトも。


[PR]

by ninuckey2 | 2012-07-04 16:11 | パイとパイの日々

ルバーブ・パイ


お友達のまーさんから、お庭で採れたルバーブをいただきました。
これはパイにしないと、おそらくウチのパイ吉が暴れるであろうと思い・・・



b0105926_21335096.jpgパイ吉、小躍り




b0105926_21342865.jpg
ルバーブが甘酸っぱくて、美味しい

がしかし、パイクラストに少々水分を入れすぎまして、サクサク度低め。。。あぃたた(>_<)


[PR]

by ninuckey2 | 2012-06-17 21:40 | パイとパイの日々

英国風アップルパイ

b0105926_1526552.jpg常日頃”いわゆる典型的なイギリスのアップルパイ”に興味を持っていたワタクシ、創業82年Nash's bakeryのアップルパイを買ってみました。



b0105926_15253467.jpg
ショートクラスト・アップルパイ、直径23センチ薄型です。

ちなみにショートクラストとは・・・
最も簡易で一般的なペイストリーである。穀粉、油脂、塩、および水が材料であり、油脂と穀粉を混ぜ、水を加えて練った生地を押しのばして作る。摂氏180度で焼き、軽く柔らかなペイストリーとなる。これを甘くすると、スイートクラスト・ペイストリーとなる。(ウィキペディアより引用



b0105926_153139.jpg
クラストは、ほとんどショートブレッド(ビスケット)のようです。
上記のスイートクラスト・ペイストリーになるのでしょうね、クラストだけでかなり甘いです。
しかもグラニュー糖がたっぷりとかかってるし^^;
ワタシの好みとしては、フィリングがもっと多い方がいいな。

”クラストのサクサク度は、限りなくゼロに近い”(By パイ吉)。
でもそこは好みの問題で、(ウィキペディアによりますと)”ショートクラスト=軽く柔らかなペイストリー”ということなので、これで正解なのでしょう。パイ吉好みのさくさくクラストは”フレーキー・ペーストリー”と呼ばれるんだそうな。

フィリングでリンゴの甘酸っぱさが加わり、強烈に甘いパイに仕上がっています。
ウワサによると、このパイにカスタードソースやクリームをたっぷりかけるのが英国風だそうです^^;


[PR]

by ninuckey2 | 2012-04-01 15:36 | パイとパイの日々

おヨメに来たパイ

お友達のロコさんのダンナさま、NY出身のパイ右衛門さんのためにアップルパイを焼いたのは1月末のことでした。

とても美味しかったので作り方を教えてほしいとのことで、先週ロコさんと一緒にアップルパイを焼きました。
教えるといっても、フードプロセッサーでガーっと簡単に作るクラストなのでお恥ずかしいんですが

その時のパイはパイ右衛門さんにおヨメ入りしたのですが、3日後に・・・・


「パイ吉さん(オット)、どうぞ!」と、ロコさんお手製のアップルパイが届きました!

b0105926_3115268.jpg
パイ吉、大喜び



b0105926_3124341.jpg
クラストのサクサク度満点
地元のカレッジでベーキングのコースを取ったこともあるほどのロコさんです、もちろん美味しかった!

ちなみにパイ右衛門さん、「キミの初めてのパイは、にぬさんとパイ吉さんにお届けしなさい」と仰ったそうな。
せっかくの奥さまの初の手作りパイをいただいてしまって、申し訳ないことでした。
ロコさん、これからはパイ右衛門さんのお好きなアップルパイ、ピカンパイ、チェリーパイを、ガンガン焼いてあげてねー


[PR]

by ninuckey2 | 2012-03-20 03:23 | パイとパイの日々

おヨメに行ったアップルパイ

お友達のロコさんのダンナさまは、アメリカはニューヨーク出身で大の甘党です。
ずいぶん前からアメリカ風アップルパイをご所望だと聞いていて、”じゃ、今度焼くねー”なんて、かけ声ばかりの空手形でしたが、ついに・・・


b0105926_3345080.jpg
”焼けたよー、取りに来て?”とロコさんに電話したら、ご家族3人お揃いで来てくれました。
ホールごとお渡ししたら、”わぉ、ママのアップルパイだー!”と喜んでくださいました。
お味の方は、ママには敵わないと思われますが^^;

毎度のことですが、味見が出来ないままにお菓子をおヨメに出すと、ドキドキします




今回もハズレだった、可哀そうなパイ吉。。。
少々余ったクラストで、ついでにマーマレードパイを焼きました。



b0105926_3373576.jpg
今日のところは、これで我慢してくれ
[PR]

by ninuckey2 | 2012-01-29 03:42 | パイとパイの日々

パンプキンパイ・ギフト

約2か月前レンタル菜園の管理人ケンさんから、彼の畑で採れた打木赤皮甘栗かぼちゃを沢山いただきました。
”お礼にパンプキンパイを焼きまっせ!”と約束したものの、果たせずに年を越してしまいました。

が、しかし、ようやく!



b0105926_23363953.jpg
焼けました~



早速レンタル菜園までデリバリーいたしました。
すごく喜んでくれたケンさん曰く

来季のカボチャは全部キミのものだよ!

だって
しかしそんなことになったら、ワタクシはいくつパイを焼かなきゃならないんでしょう・・・^^;

ちなみに焼きあがったパイを見るだけに終わったパイ吉・・・寂しそうでした



ついでに焼いた・・・・
[PR]

by ninuckey2 | 2012-01-14 23:47 | パイとパイの日々