ハマリモノ・ギフト

b0105926_19135846.jpgレンタル菜園には”グレンさんのバー”と呼ばれる納屋があり、週末には店子さん達の憩いの場となっています。


ウチのオットはグレンさんと仲良しでバーの常連なので、日頃の感謝の気持ちを込めて作ってみました。



b0105926_19151757.jpg
グレンさん大喜びしてくれまして、「家に持って帰って皆に見せてから、納屋に飾るからね」と仰ってました




もうお一方、常日頃からお世話になっているケンさんにはこちらを。

b0105926_19161957.jpg
”Tokyo slicer(トーキョー・スライサー)”というのはケンさんお気に入りのキュウリの銘柄で、彼は知り合った頃はワタシの名前を覚えられなくて、しばらくの間ワタシのことを”Tokyo slicer”と呼んでいたのでした




b0105926_19183557.jpg
オットには(僻むといけないので)"Uchiki kuri(打木赤皮甘栗かぼちゃ)”を。



最近は義理母にプレゼントするべく、ティータオル刺繍に勤しんでおります


[PR]

by ninuckey2 | 2013-03-31 19:38

Advent calendar

イギリスに住んで初めて知った多くの事のひとつに、Advent calendar(アドベント・カレンダー)があります。

これは12月1日からクリスマスまでのカレンダーで、日付の付いた窓を毎日開けて行き、全部開け終わるとクリスマスを迎えるという仕掛けになっています。
窓を開けると、小さな玩具やチョコレート、詩やクリスマスに因んだ短いお話などが入っています。

今年は、初めて買ってみました。










b0105926_20155472.jpg
ホーマーさんです!




b0105926_2013617.jpg
1日は・・・・ここです。




b0105926_20133620.jpg
チョコレートが入ってます。




b0105926_2014320.jpgツリーでした。

毎日違う形のチョコレートが出てくるんでしょうか?
それは明日のお楽しみ~


[PR]

by ninuckey2 | 2012-12-01 20:21 | UKあれこれ

ローマ人のお風呂と中世の村

京都から、高校時代の同級生とお嬢さん(大学生)が、遊びに来てくれました。
牛津には3日間滞在とのことだったので、初日はバースとコッツウォルズの村を廻る日帰りツアーに参加しました。

まずはコッツウォルズの村"Bibuly"に立ち寄り・・・

b0105926_1429557.jpg
透明な美しい水が流れる川は、テムズ河に合流するそうです。



b0105926_1430069.jpg
典型的なイングリッシュ・ガーデン(ドライバー兼ガイドのJohnさん曰く)



一路、バースに向かいます。

b0105926_14315076.jpgローマ式浴場



b0105926_14511546.jpg
2世紀頃ローマ人によって建設され、その撤退後はイギリス富裕層の保養地として使われていたそうな。
今もうっすらと湯けむりが立ち昇り、プクプクと気泡が上がる温泉源は信仰の対象になっていたそうで、何やら神秘的な雰囲気です。



b0105926_14331766.jpg
建築物や展示物それぞれについて、日本語で丁寧な説明が聴けるので、大変わかり易くて楽しかったです。
当時のローマ人の生活ぶりに、思いを馳せるひと時でした。

ゆっくり見学していたら2時間以上もかかってしまったので、残念ながら時間切れ。
バース大僧院も外から見るだけになってしまいました。(ここがツアーの辛いところですな)



b0105926_14345352.jpg
約250年前に建てられたロイヤル・クレセント。
今ではホテルや美術館、アパートやオフィスとして使われ、映画やテレビ番組で使われることもあるそうです。



ツアーの最後は中世の雰囲気を残す美しい村「カッスル・クーム」(Castle Combe)です。

b0105926_14353886.jpg
14世紀に建てられ、市場が開かれていた「マーケットクロス」



b0105926_1436997.jpg
無人のケーキ屋さん
(日本の野菜販売所みたいなものですね。静岡にもありました^^)



b0105926_14381983.jpg
ちなみに、2011年に公開された映画War Horseは、この村で撮影されたそうです。



盛り沢山の、楽しい一日でございました


[PR]

by ninuckey2 | 2012-09-22 14:52 | UKあれこれ

家宝にします♪

お友達のパートナーのお母様が遺された品々の中から、キッチン用品好きなワタシにと、いただきました。

b0105926_15451989.jpg




b0105926_15454988.jpg
ゼリーモールド



b0105926_1546529.jpg
暖炉の灰をすくうチリトリ?(左)
フライパン?(右)


b0105926_15471862.jpg
アップで。


b0105926_15474075.jpg
どちらも繊細な模様が彫られています。



b0105926_15502944.jpg
これは・・・柄杓?


b0105926_1550585.jpg
それぞれに"BRANDY, RUM, WHISKY" と書いてあります。
お酒を入れて暖炉で温めて飲むの・・・かな?

使い込まれたお道具は、本当に美しいものです。
飾るだけではなく使っていきたいと思いますが、なんせ粗忽者のワタクシ、要注意でございます。
でも暖炉がないので、柄杓でお酒を楽しむのは無理ですね^^;


[PR]

by ninuckey2 | 2012-09-16 15:57 | 道具箱

Melton's でディナー@ヨーク

ヨーク3日目、オットとMelton's でディナー。

b0105926_17221521.jpgここはオットの仕事先のP先生のお薦めで、地元産の素材を使ったお料理を出してくれるレストランとのことでした。



b0105926_17205962.jpg
★タプナード



b0105926_17234431.jpg
★セロリアックとリンゴのグレーズのスープ、ギリシャワイン



b0105926_17245072.jpg
★温かいチキンのパテ(オット)
ベーコン、胡桃、葡萄添え



b0105926_17252731.jpg
★ホタテ貝のソテー アイオリ&ミントソース(ワタシ)
フィロペストリーに飴色に炒めた玉ねぎ、アンチョビとケッパー

ホタテ貝の焼き加減が絶妙で、玉ねぎの甘味と良く合います。



b0105926_17263784.jpg
★チキンのソテー アップルサイダーソース(オット)
パセリのマッシュポテト、ブラックプディング、キャベツ添え



b0105926_17272958.jpg
★ポークいろいろ(ワタシ)
バラ肉、豚足、耳などをマデイラソースで。

一皿で4種類のポーク料理が味わえるのには、感動いたしました。




6時15分までに入店し、7時45分までに終了するとEarly birdというお得なメニューになるのですが、この時すでにタイムアップ。がしかし!(ジム・キャリーに似た、素敵な)ウエイターさんは「急がなくていいですよ。良かったらデザートとコーヒーなどいかがですか?」と言ってくれたので・・・・


b0105926_1730750.jpg
★梨のコンポート(オット)
アーモンドケーキ、スィートワインのグラニタ



b0105926_1730353.jpg
★チョコレート・サバラン(ワタシ)
ホワイトチョコのグラニタ、エスプレッソのパルフェ、チョコレートポット



b0105926_1731631.jpg
★コーヒー(ワタシ)
アーモンドとチョコレート添え



どのお料理も、実に丁寧に調理してあって、盛り付けも美しい!
大大満足、幸せなディナーでした。
驚いたことに、お店を出る時は9時前だったのに、Early birdのお値段でした。
しかもEarly birdだと、コーヒーは無料です。


またヨークを訪れるチャンスがあったら、必ず行きたいと思います。
皆さまも、ヨークにお越しの際はぜひどうぞ!



ワタシが訪ねたヨーク、あちらこちら。
[PR]

by ninuckey2 | 2012-05-10 17:46

チョコレート・ストーリー@ヨーク

b0105926_23443018.jpgヨーク2日目、まずはヨーク大聖堂へ。


ちょうど始まったツアーに入り、(推定年齢74歳男性)ガイドさんの彫刻やステンドグラスにまつわる歴史的背景や逸話を聞きつつ、聖堂内を観て廻ります。
美しくて見事なステンドグラスは圧巻でした。現在ステンドグラスの大掃除プロジェクトが進行中とのこと、気が遠くなるような時間と手間のかかる、繊細なお仕事のようです。


b0105926_23462836.jpgその後、この春オープンした”Chocolate York's Sweet Story”(チョコレート・センターとでも申しましょうか)を訪ねました。




まず南米で発見されたというカカオの歴史から、ヨークで成長したチョコレート産業のあれこれをスクリーンで観ます。


b0105926_23481530.jpgその後別室に移動し・・・



b0105926_234903.jpgこれはカカオ豆がチョコレートになるまで・・・をシュミレーションします。



b0105926_23501544.jpgキットカットはヨーク生まれだったんですね。



b0105926_23494470.jpgショコラティエによるデモンストレーションもあります。



・・・・・以上”せやし、どやっちゅうねん!”という感も否めませんが、(しかも入場料£10は高すぎる!)そこはほれ、旅行ですから、当たり外れもあろうというものですわね



これは楽しかった♪
[PR]

by ninuckey2 | 2012-05-07 00:02 | UKあれこれ

城壁@ヨーク


朝9時半の電車で牛津を出発、途中バーミンガムで乗り換えて、午後1時半にヨークに到着しました。
前日までの暴風雨がウソのような晴天で、最高気温16℃まで上がりました。

市街地の周辺を、12世紀から14世紀にかけて築かれたという城壁が囲んでいます。
城壁は所々途切れていますが、城壁の上を歩いてぐるっと一周できます。
この日はオットの仕事が入っていなかったので、一緒に散歩しました。

b0105926_15585990.jpg
ミックルゲート・バーを出発点にして・・・


b0105926_15593183.jpg
城壁に上がります。



b0105926_1614773.jpg
中央に見える観覧車は、 The Wheel of Yorkでございます。


b0105926_16296.jpg
のんびり歩きます。



b0105926_163559.jpg
ウーズ川を渡り・・・



b0105926_1643553.jpg
奥に見えますのが、ヨーク大聖堂でございます。



b0105926_1663218.jpg
ゆっくり歩いて1時間50分、汗ばむほどの陽気で気持ちの良い午後でした


[PR]

by ninuckey2 | 2012-05-05 16:12 | UKあれこれ

フレンチ・プレス

b0105926_1225419.jpgイギリスに来てから、コーヒーはフレンチ・プレスで淹れるようになりました。
←こういう風なガラス製のを使っていたのですが、これが結構軟くて壊れやすい。
というか、ワタクシが粗忽者だからですねぇ



今までは割れる度にポットの部分だけを買っていたのですが、最近また割れて割ってしまったので、”いっそのことステンレス製にしようか”とオットと話していたところ、偶然にもお友達のお富さんが使っていたことが判明。
彼女曰く「これはちょっと高いけど壊れないし、コストパフォーマンス抜群よ~。ウチはもう8年くらい使ってるよ」とのこと。



b0105926_1262077.jpg早速!購入いたしました



b0105926_127788.jpg部品はこんなことになってます。



b0105926_1274221.jpg
二重構造になっているので、冷め難いようです。
カップに注いだ時、もゎもゎと盛大に湯気が立つのが嬉しいですな

粗忽者のワタクシにもオッケー!なお道具でございました
[PR]

by ninuckey2 | 2012-01-16 01:32 | 道具箱

牛津のドアが開く日

9月10、11日の2日間に牛津ではOxford Open Doorsというイベントが行われました。
普段は一般公開していないカレッジや教会に入れたり、観光スポット入場やボート、バスに乗るのが無料だったり、街中がお祭りモードです。
去年はちょうど遊びに来ていたフクちゃんと一緒に行きました。

オットが事前に面白そうな場所をピックアップして、いざ街へ!

b0105926_19341833.jpgCarfax Tower
Carfaxは1122年から1896年までは牛津市の教会として機能していました。タワーは高さ23m(牛津の中心部では一番高い建物)で、頂上からは牛津の街が一望できます。



b0105926_19351749.jpg狭いらせん階段をひたすら登って・・・・



b0105926_1935409.jpg頂上です。



b0105926_19391911.jpg
タワー頂上から見た牛津の街


b0105926_19395268.jpg




b0105926_1941457.jpgBate Collection of Musical Instruments



b0105926_19425519.jpg
所狭しと楽器のコレクションが並んでいます。


b0105926_19441082.jpg



b0105926_19445278.jpg
オット、目を輝かせて小躍り



b0105926_19453660.jpg
The Old Library
ここは1320年に作られた牛津最初の大学図書館です。棚に収められた蔵書はすべて、チェーンで繋がれていたそうな。



b0105926_19461257.jpg
Harris Manchester College Chapel
この教会のステンドグラスは、イギリステキスタイル界の父ウィリアム・モリスが作ったんだそうな。


b0105926_1947731.jpg
独特の模様はモリスのスタイルです。
三方がステンドグラスで囲まれているので、比較的明るい教会です。



b0105926_19472789.jpgHollywell Cemetery


b0105926_1948134.jpg
1908年にオットの好きなThe Wind in the Willows という物語を書いた、スコットランド人作家Kenneth Grahameのお墓(中央)。

以上、他にも数か所立ち寄りましたが割愛いたしました。
街は観光客でいっぱいでしたが、普段は通り過ぎるだけの教会やカレッジををゆっくりと訪問して歩くのも楽しいものです。
皆さま、お付き合いありがとうございました
[PR]

by ninuckey2 | 2011-09-11 20:07 | 牛津生活

タイランチ@ビスタヴィレッジ

ロンドン在住のお友達 めろさん と、牛津から北へ約18キロのビスタにあるアウトレットモール Bicester Village へ。
めろさんはロンドンから車で、ワタシは牛津からバスで現地集合です。

私たちが前回このモールへ行ったのはちょうど2年前、ワタシが牛津に引っ越してきて間もなくの事でした。
その後もワタシは(一年半くらい?)来なかったので、新しいお店が出来ていたりしています。
前は他のお店と同居だったル・クルーゼのお店が拡張していたり(めろさんのおメメも2割ほど拡張して、輝いておりました)

ランチを食べたタイ料理レストラン Busaba Eathai も新しいお店のひとつでした。
ロンドンにも4店舗あるそうで、さすがめろさん、メニューもよくご存じ。

b0105926_16313486.jpg
☆グリーンパパイヤ、干しエビ、チェリートマトのサラダ



b0105926_16321198.jpg
☆チキンとバターナットスクオッシュの炒め物+ライス(めろさん)
バターナットを味見させてもらったら、スパイシーで美味しかった。



b0105926_1633917.jpg
☆ベジタリアン・パッタイ(ワタシ)
細めの麺で味付けも濃すぎることなく、美味しゅうございました。

モールは観光客も多く、混雑していました。平日でこれだから、週末はもっとすごいんでしょうね。
ロンドンからシャトルバスも出ているんだそうな
[PR]

by ninuckey2 | 2011-07-28 16:38 | 美味しいUK